和泉フォーム

和泉フォームについて

ご挨拶


和泉フォーム株式会社は、商業用椅子製造会社として40余年を過ぎ、創業50年に向け新たなステップに踏み出そうとしています。
設立当初はウレタンフォームの会社を目指しましたが、高度経済成長期の時代背景に対応し、成形モールドチェアーに特化することで時代のニーズ・お客様のご要望にお応えして参りました。
当社の企業理念である「喜ばれる商品作り」「安心・安全をお届けする」のもと、今後もお客様のご依頼の商品を図面通りではなく、設計者の意図、製造する立場、何よりも実際にご利用になるユーザーのことを考え、付加価値を高める商品作りをして参ります。
私はこの度、2018年4月をもって代表取締役社長を拝命しておりますが、現状の環境に満足することなく、和泉フォームの第二創業期と捉えてさらなる飛躍を目指しております。

日頃よりのお取引先様の力強いご支援・ご指示を頂くことで何とか構想(デザイン)を実物(テクノロジー)に変換する環境も整い出しております。設計段階での1/5モデルや1/1モデルの試作品製作、自社独自のデザイン・ラボの設置など、よりスピーディーに、高品質にお客様のご要望にお応えできる環境を整備し、「和泉フォームに頼めば大丈夫」と言われる企業を目指してまいります。
近年は世代交代を行い、ベテランから若い人たちに技術の継承が行われており、将来に向けてより大きく羽ばたけるよう、スタッフ一同、成長と技術力の向上を胸に頑張ってまいります。
今後とも和泉フォーム株式会社をどうぞよろしくお願い申し上げます

会社概要

会社名
和泉フォーム株式会社
所在地
【大阪本社】
〒577-0814
大阪府東大阪市南上小阪11-32
TEL:06-6724-7272 / FAX:06-6724-7276
【工場】
〒577-0814
大阪府東大阪市南上小阪11-36
TEL:06-6724-7272 / FAX:06-6724-7276
設立
1978年(昭和53年)7月22日
資本金
10,000,000円
代表者
代表取締役 谷口 満
従業員数
17名
事業内容
■成形モールドウレタンの加工・販売
■成形モールドウレタン椅子・ソファの設計・製造・販売
■成形モールドウレタン椅子のOEM生産
有資格者
二級椅子張り技能士 4名(2018年4月現在)
主要取引先
株式会社相合家具製作所、株式会社オーツー、桜屋工業株式会社
河淳株式会社、株式会社キノシタ、株式会社丸二金属製作所
主要仕入先
グレートフォーム社(タイ)、ニッポー工業株式会社、朝日工業株式会社、株式会社サンゲツ、(大阪)シンコー株式会社
(名古屋)シンコー株式会社、シンコールアイル株式会社、株式会社大和金属製作所、株式会社ハヤシ
取引銀行
三井住友銀行、大阪信用金庫、池田泉州銀行

沿革

昭和53年7月
和泉フォーム株式会社設立。成形モールドソファの製作・特注/別注家具の製造・販売を行う。
昭和54年4月
ニッポー工業株式会社と取引開始【主に成形モールドウレタン】
昭和55年5月
成形モールド加工の海外工場(中国)への展開を開始
業務用家具のOEM生産を開始
昭和60年7月
店舗家具メーカーへの販売開始
平成2年5月
業務拡大
平成29年10月
タイ工場と業務提携
平成30年4月
谷口 満 代表取締役に就任

設備のご紹介

デザインラボ&3Dプリンター

2018年6月より新たに社内に設置した「DESIGN LAB」(デザインラボ)では、新進気鋭のデザイナーたちが切磋琢磨しながら、今までにないようなモールドウレタンチェアのデザインに取り組んでいます。
デザインラボでの制作物は新デザイン案として社内にストックされていき、新規デザインからの製作をご希望のお客様への参考プロトデザインとして利用させて頂くことも可能です。


デザインラボ併設の3Dプリンタは、200㎜×200㎜×200㎜の造形印刷まで対応した小型タイプではありますが、製作したデザイン案を5分の1モデルですぐに確認するため、ほぼ365日フル稼働しています。今日作ったデザイン案(モデリングデータ)を、明日の朝には5分の1スケールの実物デザインで確認し、問題点をすぐに修正することができるのです。
従来の1分の1モデル製作だけでは実現できなかったスピーディーなデザイン確認こそが、納期短縮と品質向上を実現します。


3Dスキャナ

金型成形からの既存生産ラインのリプレースなど、既存製品の量産化をご検討の場合、3Dスキャナにて現構造をスキャニングし、モデリングデータ化するご依頼も承っております。
3Dスキャナとは、対象物の凹凸を感知して3Dデータとして取り込むための装置です。対象物にレーザーを照射したり、センサーをあてたりしながら3次元の座標データ(X,Y,Z)を複数取得します。取得された「点群データ」を三角面の集合体である「ポリゴンデータ」に変換して立体を生成します。

CNCマシン

弊社パートナーであるタイ法人(GreatFrom社)にて、計3台のCNCマシンが稼働しています。弊社デザインラボにて確認した5分の1モデルのCADモデリングデータを転送し、CNCマシンにて造形印刷することでスピーディーな1分の1モデル確認を実現します。
また、以降の金型試作、マスターモデル製作、ライン構築までの一連の工程もシームレスに実現可能です。
【導入マシン】
・VF5
(650㎜×1200㎜)、アルミニウム成型
・VF9
(1000mm×1800㎜)、アルミニウム成型
・HARD FORD
(1500mm×2000㎜)、アルミニウム成型、硬質マスターモデル成型


自動ベンダー

主に軟質モールドウレタンを成形する際に、内部に組み込む芯材(パイプ)の加工を行います。3Dデータを読み取って定義されたサイズ/角度を厳密に再現し、人の手ではなかなか難しいミリ単位の屈曲加工を行った芯材を成形します。
【対応スペック】
軟鋼:φ38.1 × 2.0t
ステンレス鋼:φ38.0 × 1.4t


当社へのアクセス


【所在地】
〒577-0814 大阪府東大阪市南上小阪11-32
【最寄り駅】
近鉄大阪線「弥刀」駅
近鉄奈良線「八戸ノ里」駅



googleMAP